女性のリーダー研修について

女性のリーダー研修について

業種によっては、女性が活躍されているケースがありますが、政府の女性の活躍推進により、これから広く女性の活躍できる仕事が増えることが予想されることから、女性のリーダー研修が盛んになってくると思われます。

現在の女性向けリーダー研修について調べてみました。

管理職としての役割は、男性女性にかかわらず。

特に変わりはないのですが、リーダーとしての役割は女性と男性では、異なっている場合があります。

通常、女性が働いている場合には、子育てや家事と仕事を両立するためには、男性の場合のような仕事だけに専念できる環境にはないため、時間外勤務ができにくいという点があります。

そこで、女性向けのリーダー研修では、男性優先の会社から男性女性が協働して働くことができる会社に変えていくという意識が求められます。

それは、男性の上司や部下の意識を変えていくことから始める必要があります。

リーダー研修を受講したから男性と同じように女性も機能してくれるという考え方が経営者にあるかもしれませんが、会社組織の仕組みを男性中心から男性女性の協働で働くことができる環境を整える必要もあります。

地域ITリーダー研修について

最近は自治体で、地域のIT化を推進するために、ITリーダー研修をして育成に力を入れています。

これは、地域住民の方にITを活用する能力を習得していただき、将来的な電子政府や電子自治体の形成するにあたり、住民の方にITを使ったメリットを受けていただくことを目的としています。

リーダー研修について

そのために、基本的な内容を修得していただくためとして、ITリーダー研修を開催しています。

主な内容としては、ITリーダー育成の目的、住民の方のニーズに対する地域のITリーダーの役割、現在のITのスキルチェックによるスキルアップの課題の明確化、パソコンのハードウェアの基本的な仕組みの理解、パソコンのインターネット活用のための電子メールやブラウザの使い方、セキュリティと法律、表計算・文書作成・プレゼンテーション作成用のアプリケーションソフトの修得、などがあります。

また、このリーダー研修を受講後には、住民の方へのIT活用の展開を図っていく必要がありますので、研修を受講された方々にチームを組んでいただき、住民の方への指導する教材の選定、教育の展開を図り、広く、IT活用を図っていく段取りになっています。